援助マリア福山修道院

様々な教会行事「ミカエルフェスタ」などに信徒の一員として参加しています。

暁の星セミナーでは毎年、年度の終わりに全講座の人が
ひとつに集って発表会を行います。
書道・華道・染色・パソコンなどの展示を眺めた後、
手話の歌・フラのダンス・コーラスなどを楽しみ、
最後にテーブルを飾っているお菓子や圧力鍋・保存食の料理に
舌鼓ます。

 小学校2年生を中心として、4人の子供は、Sr馬場から1年間にわたってご聖体に

ついて学び、この日は大きな喜びのうちに、イエズスさまをいただきました。 

 ついこの前まで、聖堂の中を走り回っていた子供たちがと、感慨無量です。

 イエズスさま、生涯子の子供たちのそばにいてその成長を守ってください。
    
    修道院でのミサ
          日曜日を除いて 
       毎朝7時〜

    聖体礼拝
       毎日1時〜6時
   


   721-0975
     福山市西深津町三丁目4-2
   援助マリア会 
     Tel 084-925-2981

「暁の星コミュニティ生涯教育セミナー」は人間関係の希薄な社会に、温かい関係を取り戻して行きたいと2005年から 活動をはじめました。

セミナーは講座の部、社会奉仕の部、精神啓発の部の3部門からなっています。

講座の部は、教養講座、福祉に関する講座、健康と調理に関する講座、パソコン講座、英会話講座、フラの講座など、17の講座があり、現在役180人の受講者がいます。

社会奉仕の部は現在、単行本を点字翻訳し、市の図書館に寄贈するほか、「女子パウロ会」を通して全国に流しています。

精神啓発の部では、「聖書」を用いての種々の講座をするほか、黙想会を含めた「祈り」の研修会をしています。
  

現在、約30人のシスターズが2つの共同体に分かれて共同生活をしています。

毎週日曜日5:30からおにぎりとお汁を作り、路上生活者の方々に配ります。必要に応じて衣類なども配ります。

一般市民の方も喜んで協力してくださいます。年1回の健康診断には、市職員と共に行います。

生活をとおしての福音の分かち合い、聖書を用いた公教要理などを数人の会員が担当します。
また、黙想会や祈りの研修会など企画し、行っています。

       
        主な使徒的活動

 ★学校教育 (幼稚園・小学校・中高等学校)

 ★援助マリア信徒の会(スビラン会)

 ★援助マリア会独自の行事(研修会など

 ★小教区と協働して
   ・教会学校(日曜学校・中学生会・高校生会・青年会)
   ・聖書の集い各種
   ・シニアクラブ(信徒高齢者の集い)
   ・路上生活者のための夜回り訪問

 ★コミュニティセミナーとの協力

  

創立の目的
ようこそ!福山修道院へ!
 2014年1月18日、小学校創立50周年記念行事が行われました。新しく改築された体育館に、司教様を始め来賓をお迎えして、和やかな雰囲気の中で、これまでの歩みを導き支えてくださった神様と、関係者の方々に感謝し、これから始まる新しい50年のために恵みを願いました。続いて卒業生による祝賀演奏会があり、ピアノ独奏、コントラバスやオーボエ独走、また、女性独唱、二重奏など素晴らしい演奏の最後に、全員で「大地讃頌」の大合唱をして喜びの集いを終えました

「シニアクラブの集い」への協力


暁の星幼稚園は、モンテッソーリ教育法による個別指導の縦割保育と

年令別に絵画・音楽・体操の横割 活動の保育もしています。

詳細は「リンク」中の暁の星幼稚園をご覧ください。

暁の星幼稚園 

福山教会と協働して


 福山駅から東へ2Km行くと、幼・小・中・高の暁の星
 学院とともに、福山修道院があります。
 春は桜、秋は紅葉で彩られる美しい一角です。

日本の生活になじんで

 

最初の学校  後修道院

日本創立の4人のシスターズ

福山修道院の使徒的活動

マリア様の所で食べるお弁当は、 特別おいしいですね。 

本学院は、すべての子どもが神から愛されている、という人間観にたって教育しています。一人ひとりがそれぞれの発達段階

に応じて、自ら開花させることができるように、環境を整えていきます。

教会の信者さんに挨拶して回る子供たち
日曜学校のお兄さん・お姉さんにお祝いされて
中・高等学校でも毎月たくさんの行事でいっぱいです。「リンク」中の

「福山暁の星中・高等学校」をクリックしてみてください。
暁 の 星 小 学 校 創 立 5 0 周 年 を 祝 っ て

暁の星小学校    

福山暁の星中・高等学 

その他にも小学校では月々さまざまな行事が繰り広げられています。「リンク」中の「暁の星小学校」をクリックして、生徒の元気いっぱいの写真をご覧下さい。

福山でも「信徒の会」が、「夜の部」、「昼の部」の二本立てで、活発に行われています。ここでは、月一回の例会と毎年一回の霊的刷新のための黙想会が企画されています。詳細は、「信徒の会」をご覧ください。

★援助マリア信徒の会(スビラン会) 

路上生活者のための夜回りに、

暖かい食事を作り配っているメンバー

(福山教会で)

動画も
  ご覧ください


seminar2008.wmv
 
  ここをクリック

 
教 会 行 事
春には 子供たちの初聖体式がありました。
★ 学 校 教 育

福山暁の星中・高等学校

暁の星小学校

    桜の坂道

 信徒と協働して日曜学校、高校生会・青年のための祈りの集いなど。

教 会 学 校

新しく建てられた体育館(中央)

暁の星幼稚園

!

 福山修道院は、日本における援助マリア会発祥の地です。
1946年10月20日、援助マリア会創立者マリ・テレーズ・ド・スビランの列福式に、はからずも参列されたイエズス会日本管区長ラサール神父(愛宮真備)の招きによって、日本への創立が決められました。
 翌年の1947年12月10日、はるばるフランスから4人のシスターが派遣され、大西洋を渡りアメリカ大陸を横断し、太平洋を船に揺られて福山の地に到着しました。
 空襲で焼け野ヶ原になった福山には、何が一番必要であるかを祈りの中で考えた末、日本の復興に一番大切なことは、教育を身につけた日本人女性自身による自国の建て直しであるとの考えから、女子学校教育を始めました。

  

聖書の集いと
祈りの会

★暁の星コミュニティセミナーとの協力

活動は@ 典礼:神との親しさの中で、祈りを必要とする方々のために祈る。
     A 生き生きした人生を送るための、健康体操
     B コミュニケーションによる互いの支え合い。 です。
       月に1度、水曜日に行っています。
       現在は、病気等で教会を訪れることが出来ない人々に、教会の
       ニュースを書いた便りを出しています 
 

路上生活者のための夜回り訪問への協力