八木重吉の詩

    【愛】

 うつくしいこころがある

 恐れなきこころがある

 とかす力である

 そだつるふしぎである

 心の清い人は、幸である。

   その人たちは神の子と呼ばれる。
                     
                  マタイ5章8節  

                        

【不思議】

 こころが美しくなると

 そこいらが

 明るく かるげになってくる

 どんな不思議がうまれても

 おどろかないとおもえてくる

 はやく

 不思議がうまれればいいなあと

 おもえてくる

 

口元に漂う微笑は、

心を楽しませ、

気持ちを明るくし、

精神の平和を保ち、

健康にし、

顔を美しくし、

良い考えを起こし、

良い仕事をさせてくれる。