そして、祈りということとは矛盾しているように見えるかもしれませんが、

わたしはむしろ聞く者になりました。

最初は祈りというものは話すことだと思っていましたのに、

今は祈りとは、自分の話している声を聞くことではありません。

否、祈ることは静かになり、

そして、祈る人は神の声を聞くまで、静かに待つことなのです。

                    S.キェルケゴール

私の祈りが一層信心深く、内的になってくるにつれて、

私自身は話すことがますます少なくなりました。

最後には、私は全く黙ってしまいました。

私 の 祈 り