聖エイデット・シュタインは

ケルンのカルメル会に修道女として入会した

が、ユダヤ人であったため、アウシュヴッツ

の収容所に送られ、ガス室で殉教した。

たとえ暗黒の中へお導きになろうとも、結局は御身の御許へお導き下さるのです。

主よ、み旨のままになさってください。私は喜んで従ってまいります。

たとえ私の憧れが、この世で叶えられませんでも、

御身はこの世の時間(とき)をつかさどる御方でいらっしやるのですから。

いつ叶えられるかは、御身のみ旨のままです。

御身の永遠なる今は、やがて私のものとなりましょう。

御身のみ旨の中で定められた全てのことを実現なさってください。

ひそかに犠牲をお求めになるのでしたら、

自分を捨てて、ただひたすら御身のために生きることが出来ますように。

私のちっぽけな自我などどうか見過ごさせてください。

 

主よ、私の目を盲目にして御身の道を歩ませてください。

御身の導きが分からなくてもかまいません。

私は御身の子供なのですから!。

御身は叡智の父で、またわたしの父でいらっしやいます。

 

聖エイデット・シュタインの祈り