そうです。主よ、私は信頼いたします。

あなたからす
べてをいただくためではなく、あなたを信頼することこそはこの上なくあなたにふさわしいことで

あって、み手
の業である私たちが、あなたに捧げ得るもっとも大きな誉れだからです。

 主よ、これらのすべての苦悩は、私のためにあなたがお望みになり、お許しになったものであり、それは

どん
なことがあっても、いつも信頼の状態にとどまることを私に教えてくださるためでした。

 それこそみ手の業であ
る私における恵みの勝利です。

 しかし私の神よ、あなたはそれ以上のことを望んでいらっしゃいます。

私たち二人の生命が一つになってしま
うこと、むしろ私の生命があなたのうちに消え去ってしまうことを望んで

いらっしゃいます。

 そして、あなたが
お住みになっている私の心の中のこの神的交わりにおいて、あなたこそが私のすべてであり

たいとお望みになっ
ていらっしゃいます。

 私のためにも、私自身においても、
ほかのあらゆるものにおいても、あなたこそが私のすべてでありたいと。

これから6回にわたって記す祈りは、

福者マリー.テレーズがその晩年、生涯をふり返り、


創立した愛する修道会から出されるという、

神からの大きな試練と苦難に対して、


限りない感謝と、信頼をうたった心の叫びです。

感 謝 ・ 信 頼 ・ 愛 の 祈 り