その3

 主よ、あなたはあなたです。
 あわれみそのもの、愛そのもの、
 全能そのものです。

 あらゆる慈悲に越える慈悲、
 あらゆる愛に越える愛、あらゆるカに越える全能
 しかもそれは、私たちのみじめさにもかかわらず
 すべての人のためであり、
 一人もその配慮からはずされることはありません
 
 あなたの愛の唯一の理由、
 それはみ手の業である私たちに対する
 あなたの愛そのものにほかなりません。

 そうです主よ。
 私と私の愛する人々に対する独自な人格的な、
 個人的な、無限で熱烈なあなたの愛を信じ、
 それに信頼いたします。
 み手の業である私たちに対する聖心の限りない
 いつくしみのうちに、単純に完全に身を委ねます。

 主よ、私の生命と愛する人々の生命とをお委ねいたします。
 あなたは私たちに身をかがめてすべてを整えてくださるでしょう。
 信仰、希望、愛の無限の宝をもって、私たちのうちにおいでくださるでしょう。
 豊かな賜物と喜びとをもって。
 神よ、喜びとは過言でしょうか。
 いいえ、それはあなたのお望み、あなたのみ旨です。

 「私がこう話したのは、
 私の喜びがあなたたちにあり、
 そしてあなたちに完全な喜びを受けさせるためである」(ヨハネー7・7)

 神よ、もし私たちさえ妨げないならば、艱難のうちにあっても、神の恵みのカと甘美 さとによって、喜びに満ち溢れることをあなたはお望みになっていらっしゃいます。 
 
 ですから主よ、これほどの愛を信じなければなりません。
 私たちの喜びはあなたの聖心の喜びです。
 あなたの愛は、私たちの善をあなたの善とみなしてくださいます。
 み手の業である私たちを喜ばせ、助け、百倍の報いを与えるために、全能のカをお使 いになることがあなたの喜びです。

これから6回にわたって記す祈りは、
福者マリー.テレーズがその晩年、生涯をふり返り、
創立した愛する修道会から出されるという、
神からの大きな試練と苦難に対して、

限りない感謝と、信頼をうたった心の叫びです。

感 謝 ・ 信 頼 ・ 愛 の 祈 り